トミカ博は楽しかった。子供が喜ぶ10のポイントとは

我が子

こんばんは。1歳の息子へのクリスマスプレゼントをセッティング完了し終えたマッコイです。本日夜中サンタがやって来る→明朝「サンタがきたよ~!」。の段取りです。

さて先日お伝えしました「トミカ博in名古屋」クリスマスは親子で「トミカ博」に行こう 。実際に吹上ホールへ体験してきました。終始我が子は大興奮でしたが、今日はこんな感じで整理整頓してみます。

トミカ博で子供が喜ぶ10ポイント!!

1.入場記念トミカがなんと2台もらえて喜ぶ

会場到着は10時過ぎ。30分近く「駐車場渋滞」に巻き込まれ、10時半会場にイン! 入場記念の「限定トミカ」を楽しみにしていました。2種類あるそうで「どちらにしようかな」なんて考えていましたが、なんと2種類両方ゲットです。そうです、パパママ2人分なので当然2台もらえるのでした。息子は早速両手にトミカ状態。

2.記念撮影スポットで喜ぶ

入ってまもなく「記念撮影スポット」登場! スタッフのお兄さんが機械的に撮ってくれます。宣伝ポスターを引き伸ばした特大ポスターを前にハイチーズ! 一眼とアイフォン2つお願いしたら快くご対応いただきました。機械的だが臨機応変です。混んでいたのにありがとうございました。最初に記念撮影の順番は良いですね! テンションが上ります。ジュンバンバン

3.特大ジオラマに喜ぶ

トミカとプラレールによる特大ジオラマです。とても自宅では実現不可能な特大なトミカの街並みに子供は興味津々です。見どころ満載で30分くらいそこでボーーッと見てれそう。

tomikahakunagoya2

4.トミカの壁画に喜ぶ。4500台のミニカーで作るアート

トミカは今年で45周年とのこと(今年?)。私の生まれる10年程前からあるんですねトミカ。歴史は偉大です。4500台のトミカをひたすら壁に貼って貼って貼りまくったアート作品を会場にハッケン! 息子は見つけるなりダッシュでした。「トミカ」の文字が浮かび上がる巨大な壁画に子供は大興奮でしょう。

tomikahakunagoya3

5.トミカの組立工場に喜ぶ

アトラクションゾーン(有料※100円単位で販売のチケットを購入)では様々な「トミカで遊べる(家ではできない)」がありました。私は1000円で11枚綴り(1100円分)を購入。

トミカ組立工場を体験!

「マツダ」「プリウス」「ロンドンバス」から好きな車を選んで、さらに色も3色から好きな色を選ぶ(息子が選ぶ!)。我が子は「ボディー青」「シート黒」と意外と現実的なカラーチョイスをしていて驚きました。冒険しないタイプかな。

そしてメインイベント。作業着を着たオッサンが何か機械でガッチャンコ! このオッサン、オッサンのくせに子供に愛想を振りまいていました。公式によるとこのオッサン「カシメマン」と呼ばれているそう。

カシメマン??

初めて聞くフレーズ。調べてみました。

「ボディーとシャーシをかしめてくれる職人さん」のこと。「かしめる」とは、「器具などの継ぎ目を工具で固く密着させる」と言うことだそうです。

なるほど〜。カシメマンありがとう!

kashimeman

6.トミカ出勤ゲームで喜ぶ

残されたチケットはあと5枚。「トミカ出勤ゲーム(必要チケット5枚)」に並んだ。簡単に説明するとトミカを滑らせてルーレットに落としこむ、正しい色に入れば銀ピカトミカゲット。

銀ピカの何やら「特別感」を放つミニカー。絶対欲しい。とパパ思う。いざ挑戦、チャンスは2回。

1投目  息子ミニカー投入。ルーレットの黄色に入る。スタッフのお兄さん何か「残念」的な事言ってるがよく意味がわからない。

2投目  青に入るとクリアです。と言われる。何故かはわからない。息子ミニカー投入。またルーレットの黄色に入る。息子は黄色が大好き。幸せを呼ぶ色です。

ということでよくわからないまま、ハズレの「参加賞」青い普通のミニカー頂きました。でも箱には「非売品」の文字が。こ、これが非売品なのか。。。 でもまあ楽しかったです。子供も大喜び!

tomikahakunagoya4

7.「トミカつり」でもきっと喜ぶ

「トミカつり(必要チケット5枚)」。トミカを釣る。なにやら楽しげです。我が家は行列により断念しましたが。これは2歳以上の子供は大喜びでしょう。トミカを釣るのです。

パチンコ屋のスタッフみたいなお兄さんがマイクを使って煽っています。制限時間内に一体何台釣れるのか!? 過去最高は20台。なんてことを調子よく言っていました。500円でトミカ20台も貰えるのか!? 太っ腹トミカ!! 終了の合図。するとどうでしょう。みんな一斉に釣ったトミカを元の場所にガチャガチャ戻していくではありませんか。

お兄さんが言います「もらえるのは1台のみです。一番気に入ったトミカだけ残して、あとはすみやかに返しましょう」。そういうルールでしたか。そうですね。そりゃそうです。そんな美味しい話あるわけございません。私の勘違いでしたすみません。

tomikahakunagoya5

8.トミカカフェに喜ぶ(?)

奥にはとってもおしゃれなトミカカフェがありました。英語で表記すると「Tomica cafe」。気になる外観はこちらです!

tomikahakunagoya6

9.お待ちかねショッピングブースに喜ぶ

パパママが財布と格闘する重要なゾーンです。「イベント会場限定アイテム」以外は買わなくても良いです。アマゾン or トイザらスで買いましょう。息子が一番興味を引いたのはトミカオリジナルどら焼きです。うちの子センスいい。

tomikahakunagoya7

10.帰宅後、戦利品に喜ぶ

この日は合計5台のトミカをゲット! 我が家もトミカが増えてきました。そろそろ「お片づけボックス」を購入しなくては。

tomikahakunagoya8

まとめ. トミカ博は人混み。短時間で楽しめる。結果オススメ

よくわからないまとめ方ですが。子供は基本喜びます。もう少し空いてる時に行けると良いな。でも平日も混雑していたそう。みんなトミカ大好きなんですね。それか他に行くところがイオンくらいしか無いのか。「トミカ博in名古屋」。なんと12/24(木)までです。当日券も販売しているのでまだ間に合います! 絶対オススメですよ。

以上、カシメマッコイでした。読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました